筋肉と動作も鍛える

筋肉だけではなく動作も鍛える!?

筋肉だけではなく動作も鍛える事で
さらに効果をアップできるのではないでしょうか?

 

筋トレは素晴らしいものです。

 

見た目が良くなるのはもちろんですが、身体の健康面や
精神面にも非常に良い影響を与えてくれます。

 

けど中には「健康の為に筋トレをしていたけど何だか
身体が重くなったり姿勢が悪くなった気がする」
「スポーツの競技力向上のためにウェイトトレーニングを
始めて身体は大きくなったけど、逆に動きに
キレがなくなって怪我も増えた」等ネガティブな反応が
起こってしまった方もいるかもしれません。

 

そこで筋トレを行う際には筋肉だけではなく動作も
鍛えるということが重要になってきます。

 

では動作を鍛えるということはどういうことなのでしょうか?

 

そもそも人間の動作というのはレッグエクステンション等の
マシントレーニングで行われてるような一方向や座った
状態で起こるということはほとんどありません。

 

人の動作というのは縦、横、螺旋の三方向の複合運動であり、
スポーツなどは片足の状態で筋発揮をする場面が多いと思います。

 

そこでそれら人間の動作を考慮したトレーニングも
取り入れることが大事になってきます。

 

片足でのスクワットやデットリフトだったり、チョップアンドリフトが
片足立位や捻りの動作を強化するうえで有効です。

 

皆さんも筋肉を大きくするトレーニングに加えて、
動作を鍛えるトレーニングも取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

部活中の魔法の水

 

真夏のグラウンドで部活の活動している最中に部員が
急に倒れたときに、マネージャーが冷水の入ったやかんを持ってきて、
倒れている部員の顔に冷水をかけると一発で意識を戻し、
目を覚ましてしまうそんな魔法のような水があるのを皆さんはご存知でしょうか。

 

昔、高校ラグビーを題材にしたドラマの中でも
このやかん水がよく登場し、グラウンドで倒れた部員を
幾度となく救ってきました。

 

実は私も学生時代、夏の炎天下の下で野球部の
練習をしていたときに、熱中症で倒れたところをやかん水により
助けられたことがありました。

 

高校1年生の夏休みの野球部の練習中のできごとでした。

 

その日は朝から猛烈な日差しが照りつける灼熱のような
1日でした。

 

頭がクラクラするのを必死に我慢しながら私は野球の
練習に打ち込んでいましたが、練習開始から1時間後、
私は急に意識を無くしてしまい、グラウンドに
倒れこんでしまいました。

 

意識のもうろうとする中で女子マネージャーが
持ってきてくれたのが、冷水の入ったやかん水でした。

 

倒れていた私に冷水をかけた瞬間、無くしていた意識を取り戻し、
はっきり目を覚ますことができました。

 

私はグラウンドの脇で数分休憩した後、
無事に練習に復帰することができました。

 

まさに「魔法の水」と言える、
やかん水との運命的なできごとでした。