縄跳は楽しい運動

縄跳びって楽しい運動です!

縄跳びって楽しい運動です!

 

ずっと縄跳びをしています。一日十分だけの運動なのです。

 

二年前に始めました。何をするにも体が重くて、
みるみる太ってきました。

 

このままではいけないと思って、私は少しでもいいから
運動をしようと思ったのです。それが縄跳びだったのです。

 

突然だったのですが、体の重さにびっくりしました。

 

お隣さんまで回覧板を持って行きました。

 

ちょっとした距離なので歩いていたのです。
すると途中で雨が降ってきました。

 

私は走ったのです。

 

早く家に帰ろうと思って走ったのです。本当に
ちょっとした距離なのです。その距離がとても大変でした。

 

走る事はこんなにも大変だと思ったのです。気が
付いたら体がとても重くなっていたのです。

 

以前のように軽く走る事ができなくなっていたのです。

 

どたどたと走るようになっていたのです。

 

だから縄跳びをしています。ずっと続けているのです。

 

すると体が軽くなってきました。そして軽やかに
走る事ができるようになってきました。

 

運動ってちょっとでも変わるものなのです。

 

運動しない人に必要な筋トレ

 

世の中にはプロなどを含め運動する習慣のある人、
ない人がいます。

 

しかし動物の体の仕組みとして使わない機能は
衰えていく一方であり、
当然ながら運動しないと体力も落ちていくという物です。

 

なので運動しない人に運動が必要でないかと言うと、
言うまでもなくそんなことはないのです。

 

さて、本格アスリートのトレ−ニングと言うのは身体を
苛めに苛め抜いて敢えて壊し
回復させることで以前よりパワーアップする、という物ですが
言うまでもなくそうでもない人にはそこまでの物は必要ありません。

 

健康の維持に必要な筋トレと言うのは、
「何となくつらくて怠くなってきたな」と大体感じるまでのものを3セット、です。

 

今まで通り使える体の維持のためにはこのレベルでOKなんです。

 

歯を食いしばってその上の運動強度を敢行するというのは
翌日以降に体の激痛をもたらしてむしろ日常生活に支障をきたします。

 

肉体改造を目指すなど明確な目的意識でもない
限りはやるべきではありません。

 

筋トレや運動の続ける方法

 

なかなか筋トレや運動を継続することは難しいと思います。

 

少しでも継続をすることが最も効果があります。

 

筋トレや運動の効果は3か月後から表れると言われますので
3ヶ月は続けないと体感できません。

 

そこで筋トレや運動を続ける方法として「目的や目標」を
明確にして、「見える化」することが大切です。

 

なんのために筋トレや運動をするのかには強い意思が
必要です。

 

何となく痩せたい、筋肉をつけたいなどの場合は続きません。

 

3キロ痩せて●●する!や●●を買う!など、
自分にメリットがないと心からやろうとはなかなか思えないのが
現実だと思います。

 

続かないのは筋トレや運動をする明確な目標がないからです。

 

裏を返せば明確な目標がある筋トレや運動は
続くということです。

 

また、「見える化」するということは、家の中に貼り出して
周囲の人に宣言をすることで、一人でするわけではなく、
周りを巻き込んでしまうことで発生をしやすくするやり方です。

 

本気でやりたいと思わないとなかなか周りに
言えないと思いますので、自分の本気度を
確かめることもできます。