時間と場所を選んで運動

時間と場所を選んで運動しましょう!

時間と場所を選んで運動しましょう!

 

ジムへ行かなくても運動は自宅でできますよ。

 

日本の住宅は狭いですがヨガのように自分の
背丈ほどのスペースがあればできる運動もあります。

 

自分の部屋がなくても廊下でもいいしリビングでも
運動はできますね。

 

庭があれば庭で縄跳びも良いものです。

 

縄跳びの良いところはジャンプするとカロリー消費が
期待できるところ。

 

ジャンプなら縄がなくてもできるのでその場でジャンプしてみても
良いでしょう。

 

ただし家の中でジャンプするなら時間と場所を考えて。

 

くれぐれも夜の静かな時間帯にジャンプ運動を
しないように気をつけましょう。

 

縄跳びにしてもジャンプ運動にしても昼間行うのが
良いですね。

 

昼間だったらどんなに跳ねても苦情はこないでしょう。

 

昼間仕事などで運動ができないなら夜に
行うしかないですが夜運動するならヨガがオススメです。

 

ヨガは静かな動きの連続なので周りに迷
惑はかからないはずです。

 

無理なポーズに挑戦してドッタンバッタンやらなければ
大丈夫です。

 

メッタ打ちの初登板

 

小学校入学前から野球を始めた私は、中学生になると
地元中学校の軟式野球部に入部し、本格的に
野球を始めました。

 

入部後4ヶ月間、最下級生部員は満足にボールすら
触らせてもらえない日々が続きました。

 

しかし、最上級生の3年生が夏の試合を最後に引退すると、
1年生の私も野球をする機会が多くなりました。

 

初めて公式試合に出場した1年生の夏休みに
行われた市内4校との対抗戦は、野球部生活のなかで
忘れることができない思い出です。

 

1年生の夏休みの練習中、部員全員をグラウンドの
ベンチ前に集めた監督は「明日から市内4校と
対抗戦がある」と言い、「初戦の先発は望月」と
先発投手に私が指名されました。

 

ビックリし緊張してしまった私は、「気にするな、
明日は練習のつもりで投げろ」と監督に
アドバイスされました。

 

そのときからピークに達していた緊張が試合中も
ほぐれることがなかった結果、試合は11対0という
無惨なゲームになってしまいました。

 

試合中、頭の中が真っ白になり何も覚えていなかった私が
唯一覚えていたのは、徹底的に相手チームに
打たれまくったことだけでした。

 

まさに苦いできごとにまみれた初先発の試合でした。

 

その後、投手として私が試合に出ることは
二度とありませんでした。

 

初先発が惨めな試合になってしまい、投手として
最初で最後の出場になったことは、今では
懐かしい貴重なエピソードです。